2017年10月13日 そんなモンだろう

らかす日誌

昨日だったか一昨日だったか、朝日新聞が衆議院選挙についての世論調査結果を書いていた。自民党大勝、という予測である。立憲民主党が案外健闘してはいるものの、元民進党、元自民党、それにあちこちの有象無象が小池おばさんの神通力便りで寄り集まった希望の党はダメらしい。
今回も、自民党が勝つ選挙ではなく、自民党が負けなかった選挙になるということか。

そりゃそうだろうと思う。

私がまったく評価しない小池おばさんには、でも、選挙に入るまでは

「台風の目」

という見方が多かった。希望の党が第1党になったら首班指名選挙、つまり総理大臣を決める選挙には誰が出るのか。だから、小池おばさんは都知事を辞めて衆議院選挙に打って出るべきなのだ。
そんな論調が、あちらにもこちらにも出ていた。

「小池ブーム、恐るべし」

がメディアを賑わした。

私は、何度も小池都政、小池新党に対する違和感を書いてきた。まあ、私が書くことなどごまめの歯ぎしりに過ぎない。世間をひっかくことができたとしても、引っかかれた方は痛くもかゆくもない程度の引っ掻き方しかできない弱小言論である。
だから、

「そうか、希望の党が安倍内閣を倒すのか。でも、安倍が倒れて誰が総理になる?」

とぼんやりと考えていた。

その考えが変わったのは衆議院選挙の幕が切って落とされてからである。
NHK程度しか見ないテレビニュースに、希望の党の候補者が何人か登場した。見た瞬間、

「あ、これはダメだわ」

と直感した。どこの誰かは知らない。だが、希望の党から立候補したという連中は、あの顔もこの顔もボーッとしていて、多くの人を代表する人物の顔になっていない。落語の熊さん、八つぁん程度の顔つきなのだ。

「この顔を見たら、希望の党に投票する人がいるか?」

さて、希望の党に自民党から何人が移り、民進党から何人が流れ込んだか、全くの素人からの立候補が何人いるのか、そんなことは知らない。だが、テレビで見た何人かの候補者の顔は、見るに堪えない顔だった。

「これじゃあ、希望の党が勝つことはあり得ないわな」

その直感が、朝日新聞の世論調査で裏付けられてしまった。そんなモンだろう。
希望の党はおそらく、そのうち空中分解するんだろうな。

希望の党が空中分解しようが、自爆しようが、そんなことはどうでもいい。まずいのは自民党が過半数以上の議席を占めるということである。安倍内閣が続くということである。憲法改正が発議されかねないということである。

おい、日本はどうなる?

勢いがあるらしい立憲民主党にしても、あの菅直人がいる政党である。首相を務めたときの菅直人のやることなすことについての批判は、あのころ書き尽くした。
あの

「ソーリ、ソーリ」 

の辻元清美がいる政党である。
こんな政党が勢力を得ることは願い下げにしたい。私は、かつての社会党が復活した、程度にしか評価しない。社会党とは世にインテリの支持を集めながら、実は自民党が政権にいるから存在し得た政党であった。

となると、ないではないか、投票先が。マスメディアは投票に行こうと煽るが、どこに、誰に投票しろっていうんだ?

我が群馬2区。
自民党の現職は、何年議員をやってもちっとも成長しない兄ちゃんである。永田町では単なる頭数にしか過ぎない。
希望の党の現職は、自民党から民主党、維新の会、そして希望の党と渡り歩いた政界渡り鳥である。己の主義主張より国会議員であることの方を大事にする。私の知人に彼を嫌う者はあっても、彼を押す者はいない。私もまったく評価しない候補者である。
いま一人は共産党の候補者だ。

これで誰に投票する? 投票先がないではないか。投票所に足を運んでも仕方がないではないか。

どうなるのかねえ、日本。

あなた、投票に行きます?