2017年10月28日 恥知らず

らかす日誌

今朝の朝日新聞を読みながら、またまた嘆息した。

「この国は、なんと恥知らずで満ちあふれていることか」

読んだのは1面と3面の政局記事である。

1面は民進党が存続するとの記事である。この記事に寄れば、民進党首の前原が

「民進党の公認を全て取り消して希望の党へ合流する方針を決めたが、結果を伴わなかった。正しかったとはいえない」

と述べたとある。

前原とは、この程度の男である。
いや、判断の誤りをいっているのではない。すべてを結果で判断する姿勢で唖然としたのだ。

政党とは、自らの主義・主張をもって立つものだと思う。その主義・主張が国民に受け入れられれば政権を取る。拒否されれば野に下る。いま日本が採用している代議制民主主義とはそのようなものである、と理解している。

選挙に負けたから正しくなかった? それは順序が逆だろう。正しくなかったから選挙に負けたのである。
その程度のことすら分からない男を党首に選んだ民進党が国民からそっぽを向かれたのは当たり前のことだ。その程度の民進党から、さらに程度の低い希望の党に打つって落選した者どもは、前原以上の阿呆揃いである。

そして3面。
民進党の連中は怒っているそうだ。

「(前原が)何を言っても言い訳にしか聞こえない」

と、両院議員総会を途中退席したおばさんもいた。
ちょっと待て。それは前原だけの問題か?
少なくとも民進党に籍を置いていた連中には、これまで2つの曲がり角があった。代表選挙と希望の党との合流に舵を切った時である。

あなた方は、前原を代表に選んだ。その結果が今日を招いているとの認識はあるのか?
前原が希望の党との合流に舵を切った時、あなた方は止めようとしたのか? 代表がそういうのなら仕方がないと、金魚の糞になったのか?

そんな2つの曲がり角で、自分では何も選択せず、行動も起こさず、いまになって

「みんな前原が悪いのよ」

と全ての責任を前原に押しつけるのでは、あなた、人間として最低だとは思わないか?

一方の希望の党では代表が決まらないらしい。どんぐりの背比べ、というか、どうしようもない連中の集まりというか、代表になれる器を持った人材がまったく党内にいないということだろう。

加えて。大串浩志なる馬鹿者は

「安保法制を容認しない方向性が大事だ」

と述べたとある。
おいおい、あんた確か、民主党→民進党→希望の党、の、絵に描いたような風見鶏議員だよな。あんた、小池百合子が

「安保法制の反対者は仲間に入れない」

といっていた関門をくぐって希望の党に鞍替えしたんじゃなかったっけ? 門をくぐる時、安保法制については何といったの? 普通に考えれば

「私、安保法制には反対しません」

といわなきゃ、門はくぐれなかったはずなんだけど、あんた、裏口から入ったのか? 正面から入ったのなら、小池百合子の影響力が地に落ちたいまになって

「安保法制を容認しない方向性が大事だ」

などと口走るのは、変節→変節で時流に乗ろうという根っからの変節漢であるということになるが、それでよろしいか?

それに、だぞ、小川淳也。お前も民進党→希望の党組である。それが

「与党の補完勢力の疑いをずっとかけられている」

だと?
小池百合子って何者だ? もと自民党だぞ。いまでも自民党とは仲良しなんだぞ。その小池の軍門に

「私も入れて!」

って駆けつけておきながら、しっぽを振って小池にすり寄りながら、いまさら

「与党の補完勢力の疑いをずっとかけられている」

だと?!
君は、与党の補完勢力である希望の党に、自ら心願して鞍替えしたのである。何をどう考えたら、そんな発言が出てくるのか? 君、頭は大丈夫?

と、いまや永田町は世渡りだけが上手な変節漢の巣窟と化した。
恥を知らぬ者どもが政治にくちばしを突っ込むことができる席を多数占めている。

どこに行くの、ニッポン!